甲州郷土料理 わらじ

ほうとう大会 優勝の味
江戸古民家で時忘の美味を

お知らせ

田舎ほうとう【生麺使用】
山梨県産うなぎ使用 うな重
おざら【夏季限定】
とろろ蕎麦セット

甲州郷土料理

山梨の郷土料理である味わい深い『田舎ほうとう』はたっぷり野菜を煮込んで旨味をひきだした自慢のお料理です。地元では「うまいもんだよ かぼちゃのほうとう」などという言葉もあり、山梨県民に愛されている郷土料理の1つで、昇仙峡にいらっしゃった県外のお客様にもご好評をいただいております。

他にも冷たいほうとうの「おざら」、山梨県産のうなぎを使った肉厚の「うな重」、昇仙峡の名水でしめた美味しいお蕎麦などもございます。

甲州郷土料理はこちら
 

江戸古民家

わらじの古民家は江戸時代(約150年前)からの歴史ある建物を、清潔感あるお食事処に改築したものです。昇仙峡の静かで落ち着いた空気の中、温かみを感じる木造建築の古民家でごゆるりとお過ごしください。

古民家の様子はこちら 店内インドアビュー
 

クリスタルファウンテン

こちらの噴水はわらじに隣接しています。かつて宝石の街・甲府のシンボルとして甲府駅前にあったものが、この昇仙峡の地に再現されました。昇仙峡に来訪されたお客様の憩いの場として親しまれています。

クリスタルファウンテン 360度ストリートビュー
 

わらじとは

江戸時代末期、昇仙峡の開拓に尽力した「長田円右衛門」が新道を歩く通行人の擦り切れたわらじを見て、通行人が足を痛めないようにと「わらじ」の販売を始めました。

昇仙峡の偉人「長田円右衛門」が人々に寄り添ったように、皆様に寄り添うお食事処として「甲州郷土料理 わらじ」は生まれました。

 

昇仙峡

そして時は流れ、時代は現代。わらじは山梨県甲府市の昇仙峡地域の水晶街道沿いにございます。 付近には高さ約180メートルの覚円峰、落差約30メートルの仙娥滝などの名所があります。春はミツバツツジが渓谷に咲き、夏は新緑に映え、秋は紅葉が美しく、冬は水墨画の絶景になる素晴らしい観光名所です。

昇仙峡の名所のご紹介

〒400-1217 山梨県甲府市猪狩町393
TEL 055-287-2080
営業時間: 10:30~16:00 ラストオーダー
マイカーまたは公共の交通機関をご利用のお客様は、こちらからアクセス情報のご確認をお願いいたします。

交通のご案内